著作権とは

ホーム > 著作権とは

まず、著作権が存在する目的を大きくまとめると。

文化の発展
著作者の経済的利益の保護
となります。

特許や意匠などは「産業の発展」の為に存在しますが、著作権に関しては「文化の発展」の為と位置づけられています。
著作権という権利が無ければ、一生懸命考えた創作物を、次の日には 他人が自分の物だと言いはり公開をし、利益を得ていてもそれを防ぐ事が出来ません。
これでは創作意欲も無くなり、文化の発展も起きません。
その為に存在するのが著作権です。

著作権とは

著作財産権と著作者人格権の総称ですが、 一般的には著作財産権のみを指します。

著作財産権には

・複製権(著作物を複製する権利)
・翻訳権・翻案権(著作物を翻訳し、編曲し、変形、その他翻案する権利)
・譲渡権(著作物を原作品か複製物の譲渡により、公衆に伝達する権利)
・貸与権(著作物をその複製物の貸与により公衆に提供する権利)
・頒布権(映画の著作物をその複製によって頒布する権利)
・展示権(美術の著作物や未発行の写真の著作物を原作品により公に展示する権利)
・口述権(言語の著作物を公に口述する権利)
・公衆送信権(著作物を公衆送信したり、自動公衆送信の場合は送信可能化したりする権利)
・上映権(著作物を公に上映する権利)
・上演権・演奏権(著作物を公に上演したり演奏したりする権利)

著作者人格権には

・同一性保持権(著作物を改変させない権利)
・氏名表示権(著作者の氏名を公開するかどうか、本名かペンネームかなどを決める権利)
・公表権(未公表の著作物を公衆に提供又は提示する権利)
があります。

現代、一番大きく問題になっているのが公衆送信権と呼ばれるものです。
公衆送信権とは、著作者に無断で、著作物を公衆に送信されない権利です。
これには無線、有線に関わらず、電気通信により送信する事であり、
インターネット上への違法アップロード等がこの権利に該当します。

※ 中には引用や私的複製などの著作権の及ばない例外もあります。
私的利用の為の複製(コピーコントロールを解除してのコピーは不可)
引用
教育機関における複製
試験問題としての複製
非営利目的の上演
など

弊社は、著作権者様の代理をし、著作権の保護を行います。
著作権事業はこちら 
自分の著作権が侵害されているかもしれない!?
お問合わせはこちら
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください 03-6323-9952
メールのお問い合わせ
PageTop